• ただ撤去するだけでは危険だという事は知っていますか?
  • 様々な角度からお客様の問題を解決します。
  • ほんとうはに大事なのは、放置されない環境作り

業種別の対応策

管理会社様

管理会社様イメージ

大・中規模の商用施設での放置車両は施設管理会社として頭を悩ませるところです。コンプライアンスの問題もあり簡単に解決できません。

詳しくはこちら

オートディーラー様

オートディーラー様イメージ

意外にも国産オートディーラーでの放置車両は多いのが現実です。お客様第一のサービス業にとって非常にシビアな問題です。

詳しくはこちら

駐車場経営者様 不動産会社様

駐車場経営者様・不動産会社様イメージ

コインパーキングや月極駐車場では、賃料滞納や所有者死亡、行方不明により経営を圧迫されているケースが多く、問い合わせも一番多いケースです。

詳しくはこちら

放置バイクの対応策

放置バイクイメージ

商用施設、マンション等での放置バイクは相当数存在します。自転車のように簡単に撤去できないので以外に厄介です。

詳しくはこちら

迷惑駐車の対応策

迷惑駐車イメージ

マンションや団地などでの迷惑駐車は良く聞きますよね。きっちりとした対応策を実行することで、一気に解決できます。

詳しくはこちら

「放置車両ドットコム」撤去業務とは

放置車輌の現状
放置車両は大きく2つに分けられ、①公道での放置、②民間敷地内での放置に分けられます。基本的に、民間敷地内では、放置があったとしても、警察は事件性が証明されない限り、介入しません。また、何度も警察に相談しても、「当事者同士で解決して下さい」と言われるのがほとんどです。大半の理由に挙げられるのは、盗難や税金の滞納です。
放置車輌の問題点
放置された車両に傷をつけたり、窓を割ったりすると、民事上の損害賠償責任が発生します。また、悪意ある第三者が意図的に放置し、処分した際に車両や車内残存物について多額の請求をして来ることもあります。最近では、大組織になればなるほど、企業イメージダウンやコンプライアンス上問題となり、担当者一個人では判断しきれず、問題は先送りにされているのが現状です。
解決策のご提案
クライアント様の社会的立場、コンプライアンスなどを踏まえ、様々な角度からアドバイス、プランニング、実行、管理までお手伝いさせていただいております。
また弊社では、(1)法的処理(2)民事的処理(3)強制処理を基本軸にお話をさせて頂いております。
放置されない環境作り
放置者の多くは同市内もしくは同県内です。要は、あなたの土地に放置したい人が後ろに、たくさんいるということです。撤去だけでは何度も同じことの繰り返しです。眠っている問題を丁寧に解決するだけで大きな効果を発揮します。